車を高く売る方法!中古車買取査定のコツは?結局どこで売れば良いの?

中古車買取査定は結局どこですれば良いの?


 

今この記事をご覧になっている方は、

中古車の買取査定を実施している中古車取扱店は、

全国各地山ほど存在するけど、

「どこで買い取ってもらうのが一番良いの?」

とお悩みのことでしょう。

 

ここでは中古車の買取査定の選び方の

ポイントをご紹介致します。

 

▼お手軽!中古車査定のオススメ方法!

買取査定をしてもらうにあたって、

一店舗ずつ査定見積をしてもらいに

毎回店舗に訪れるのは時間もかかり面倒です。

 

そこでオススメの方法が、中古車の買取価格査定を

一括で行ってくれる一括査定サイトを利用することです。

 

買取一括査定は自宅にいながら複数業者の見積もりを

貰うことができますから、非常に利便性の高いサービスと言えます。

 

1回の申込で複数の中古車買取専門業者の査定を受け

見積を貰える為、複数業者の査定額を

簡単に比較・検討することが可能になります。

 

査定額の最も高い中古車買取業者をピックアップし、

愛車を最も高額で買取してくれる業者を

一発で探し当てることができるのです。

 

▼中古車買取一括査定サイトの選び方

さて、単に一括査定サイトといっても

様々な種類のサービスがあります。

 

そこで、ここからは一括査定サイトの選び方の目安を

ご紹介させていただきます。

 

一括査定サイトにはそれぞれ様々な特徴があり、

それぞれのサイトのメリット・デメリットをよく考えて

サービスを選びましょう。

 

高額査定が得やすい業者を多く取り扱うサイトもあれば、

一度の入力でより多くの業者の見積もりを取れることが売りの

サイト等もあります。

 

また、査定を行うことでポイント等の

特典がゲットできる場合もあります。

 

特にチェックしておきたいのは、

その中古車買取一括査定サイトに登録している業者数です。

 

また、査定を急いでいる場合には

スピーディーな対応を売りにしているサイトを

選ぶようにすると良いでしょう。

 

▼複数の一括査定サイトを併用する!

中古車買取業者の査定の見積は取れば取る程

高く買取してくれる業者に出会える可能性が高まります。

 

そこで、一つのサイトだけを利用するのではなく、

複数サイト併用して利用するのも良いでしょう。

 

多くのサイトで一括査定を行うことで、

より高額買取してもらえる可能性を高めます。

 

まずは愛車の査定をしてもらい、

どれくらいの価値があるのか?

相場はどれくらいなのか?

自分の愛車の価値を把握しておきましょう。

 

修復車や事故車の場合については、

事故車専門の買取業者も存在しますので、

是非査定してもらいましょう。

 

神奈川県のカー&バイク情報

 

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都の車検といえば?




車検はどこで受ければ良いの?

どこで車検を受けるべき?

 

車検を行っている主な業者としては、

以下のようなものがあります。

 

・カーディーラー

・整備工場

・車検専門フランチャイズ店

・カー用品店

・ガソリンスタンド

・中古車ショップ

 

車検の「検査」そのものは変わりありませんが、

車検に付随する点検整備や保障などのサービスは

業種毎に異なります。

 

また、点検整備や交換・修理は

設備やスタッフの技術に大きく左右されます。

 

単に車検と言っても、

その内容や金額は店舗によって全く違うものとなります。

 

 

カーディーラー車検

 

カーディーラーの車検では

安全性面が最優先の内容となっています。

 

「車検はディーラーに任せているから大丈夫」と

ディーラー車検に信頼を寄せるオーナーも多く、

最も安全性の高い車検と言えます。

 

消耗品やパーツは全て

メーカー指定品ないし同等の規格品が用いられ、

早め早めの交換対応を行います。

 

また、自社メーカーの自動車には精通しており、

スタッフのレベルも非常に高く、安定しています。

 

ただし、その分費用は

他の車検と比較すると大幅に高くなっており、

「多少高くてもいいから、確かな安心・安全が欲しい」

という人にオススメの車検となっています。

 

 

整備工場の車検

 

民間の車検場は、

20年ほど前まではディーラーと肩を並べるほど

技術のレベルも高く、価格も同様に高かったのですが、

近年ではどちらも大幅に下がってきています。

 

レベルと価格が下がった理由は、

・車検の持ち込みが減った

・新型車が持ち込まれず、技術習得の機会が減った

・従業員の高齢化

・機械面以外の技術・コンピュータへの対応の遅れ

等が要因として考えられます。

 

とは言え、ただ車検に通すだけなら

技術や設備は全く必要ありません。

 

民間車検場の利点は、

昔ながらの義理人情、人間関係を重視する店舗も多く、

交渉次第で割引や車検以外のサービスが

受けられる場合があるということです。

 

 

車検専門フランチャイズ店の車検

 

車検専門フランチャイズ店とは、

たとえばホリデー車検やコバックなどのことを指します。

 

カーディーラーや整備工場の車検と比べると

費用は大幅に安くなりますが、

安いからといって技術面に問題があるわけではありません。

 

チェーン店であるメリットを活用し、

点検整備・車検作業の効率化が行われ、

設備も充実している傾向にあることから、

車検にかかる1台あたりの原価が安いのです。

 

車検のみに特化した業種であり、

車検そのもののレベルも高く、

料金体系も明瞭な為、最も気軽に受けられる車検です。

 

スタッフと知人だからといって

料金が安くなるということはありませんが、

素人だからといってぼったくられることもありません。

 

 

ガソリンスタンド車検

 

最近ではガソリンスタンドでも車検の受付を行っています。

 

ただし、多くは受付のみで、

実際の車検は系列の車検工場に持ち込まれます。

 

お客さんと整備スタッフが直接かかわらないことから、

依頼内容の行き違いや微妙なニュアンスが伝わらないことも

少なくありません。

 

トラブルが起こった時は責任の所在が不明瞭となり、

有耶無耶になってしまいがちです。

 

 

カー用品店での車検

 

大手カーショップでは、

車検の受付のみで下請けに出している場合と、

自社で車検を実施している場合の二種類があります。

 

どちらも車検料金は比較的安く、

自社で車検を実施しているカーショップでは、

店舗に車検に対応したパーツが取り揃えてあることから、

交換が必要な場合でもスムーズに車検が行われます。

 

また、自動車の扱いに長けており、

気軽に相談ができ、豊富な経験で解決に導いてもらえます。

 

ただし、車検を専門としているわけではありませんから、

カーディーラーや整備工場と比較して

技術や経験が劣る場合もあります。

 

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都の車検といえば?




何故車検を受けなければいけないのか。車検の存在意義とは?

海外には

車検制度が存在しないところもあります。

 

代表的なところでは、

アメリカでは車検制度は存在せず

全て自己責任となっています。

 

京都 車検

 

日本における車検については、

新車で購入してから3年目、

それ以降は2年毎に

車検を受けなければなりませんから、

自動車の維持費用も馬鹿になりません。

 

車検を受ける度に、

海外の車検制度がない国のように、

日本も車検が無ければ良いのに、と思ったことがあります。

 

そもそも、車検制度に何故存在するのでしょうか?

 

車検制度の担っている役割とは?

 

これを知らないまま、義務だからと

定期的に車検を受けている人というのも

多いのではないでしょうか。

 

私の所有している自動車の車検も

今年の8月に迫っていますが、

その費用の捻出が

今から頭を痛ませる原因ともなっています。

 

車検とは、

法律における道路運送車両法によって

定められた保安基準に、

その車両が適合しているかどうか、ということを

定期的に検査することを目的とした

「自動車検査登録制度」のことを指しています。

 

これに登録していなければ

公道を走行することができません。

 

その為、定期的に

継続検査を受けなければならないのですが、

この継続検査のことを

一般的には車検と呼びます。

 

車検では基本的に自分で点検整備を実施して

検査場に持ち込んで検査を受けなければなりませんが、

これを自分で実施できない場合には

代行を依頼することができます。

 

多くのユーザーは

自力で点検整備及び車検を受けることはできませんから、

ディーラー等の自動車販売店に依頼して

民間車検場で検査を受けます。

 

また、平成7年の法改正までは、

事前に点検整備を行わなければ

車検を受けることができませんでしたが、

法改正によって規制緩和されて以降、

車検を受けてから点検整備を行う

「後整備」を選択することが可能となりました。

 

つまり、車検を受けた時点で

その車両の状態が保安基準に適合していればよい、

ということが言えます。

 

このことから、車検というものは

合格したからといって

必ずしも次の車検までの

性能や安全性、快適性を保証してくれるものではない

ということがわかります。

 

自動車は経年や走行距離によって

目では判断できない箇所が消耗・劣化し、

これを放置すると

大きなトラブルを引き起こす原因ともなります。

 

そうなると運転者は勿論の事、

第三者に危険を及ぼす可能性も否定できません。

 

これらの問題を予防して回避する為に、

全ての自動車には

検査登録が義務付けられているのです。

 

車検を受けていない車両は

公道を走行することが許されていません。

 

埼玉県の事務の求人情報

 

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都の車検といえば?




一般的な車検とユーザー車検のメリットとデメリット・費用の違いは?

車検一括見積サイトを利用すると、

他の業者に比べて

とんでもなく安い価格を提示する

業者を見たことはないでしょうか?
これは通常の車検とは異なり

ユーザー代行車検業者の可能性が高いです。

 

そもそも車検とは全て

自己責任の元点検整備を自分で行い、

自分で車検場に車を持ち込んで

検査ラインで検査を受けなければなりません。
このことをユーザー車検と言います。
ですがユーザー車検は

自動車の知識や点検整備の技術が無ければ難しい為、

ディーラーや整備工場等の業者に

代行を依頼することが一般的となっています。

一般的に代行して依頼する通常の車検は、

ユーザー車検と比較した場合、

点検整備を実施する際の設備費や代行して

車検を実施する手数料、人件費や、

交換しなければならないパーツがあった場合には

その代金など、

様々な費用が上乗せされています。

京都 車検

では実際にユーザー車検を受けるに際しては、

具体的には、

一般的な車検とどのような違いがあるのでしょうか?
特に大きいのは車検にかかる手間です。
通常、代金と必要書類を渡して

任せれば何から何まで全て業者が行ってくれますので、

ユーザー自身がすることはほとんどありません。
ですが、ユーザー車検では

必要となる書類を全て

自分で用意して記入した上で車検場に赴き、

窓口で申請手続きを行い、

自分で検査ラインに並んで

テスターで検査しなければなりません。
慣れていなければ

半日程度時間潰れてしまう可能性もあり、

また、ユーザー車検は

平日のみしか受けることができません。
ディーラーで依頼する場合の

一般的な車検は点検整備付き車検となり、

事前に検査に合格する為の点検整備を実施した上で

検査を行うこととなります。
ですが、ユーザー車検では

この点検整備についても全て

自分で実施しなければなりません。
24ヶ月点検整備記録簿を見ながら全ての項目を

一つ一つ点検・整備して記入することになります。

また、その車が

何のトラブルも抱えていなければそれで良いのですが、

もし車検場の検査ラインで

不適合箇所の指摘を受けた場合、

その箇所を直した上で

改めて検査を受けなければなりません。

ユーザー車検代行とは、

このユーザー車検の内車検場に持ち込んで

検査ラインで検査を受けるということを

代行してくれるサービスとなります。
どこまで代行してくれるかは

その業者によっても異なり、

最近ではある程度点検整備を行った後で

検査場に持ち込まれる場合もあります。

 

ですが、車は性能の向上と共にその構造はより複雑化し、

素人目に判断することは厳しい状況となってきています。
専用のテスターにかけなければ

わからないようなものも存在しますので、

予算の許す限りは

プロに点検整備を行ってもらうことが、

やはり最も良いでしょう。

北海道の居酒屋のグルメ情報

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都の車検といえば?




もしユーザー車検の検査ラインで不合格になったらどうすれば良いの?

まずは何故不適合となったのか、

総合判定所の係官に聞いて下さい。
また、記録紙にも不適合となった箇所が記載されます。
不適合となった箇所を直して改めて検査を受け、

OKとなればそれで合格することができます。
当日中の再検査であれば

何度受けても追加で料金が発生することはありませんが、

すぐに直せないもので翌日以降に

検査を受けなければならない場合には

別途検査料を支払わなければなりません。

 

京都の車検

再検査の可能性を考慮すると、

午前中に予約を取るべきでしょう。

翌日以降、再検査の料金については

小型車1,400円、普通車1,500円となっています。

○当日不適合箇所を直せる場合
自分自身でできる箇所は直して、

自分ではできない場合については

その日の内に修理工場で直してもらいましょう。
ただし、光軸程度の調整であれば

車検場近くのテスター屋で直すことができますので、

活用しましょう。
テスター代はかかりますが、

日を改めて検査料を支払うよりは手間も費用もマシです。

○再検査を受ける為にはどうするの?
改めて受付の手続きを行う必要はありませんので、

直接検査ラインに入ってください。
検査ラインの入り口に設置されている電話、

あるいは検査官に

直接再検査であることを伝えてください。
再検査では不適合箇所を指摘された箇所のみ

検査を受ければOKで、

はじめから全て受け直す必要はありません。

○その日の内に直せない場合はどうするの?
日を改めて再検を受ける場合については、

不合格となったタイミングで

「限定自動車検査証」という書類を発行してもらいます。
この書類は二部構成となっており、

それぞれ内容が異なります。
その1には運行することができる期限が記載されており、

見た目についても車検証と類似したものとなっています。
ただし、有効期限は最大でも15日までと定められています。
その2には不適合となった箇所について記載されており、

これを整備工場に持ち込むことで

修理してもらうことができます。

○指定工場における車検
民間の車検場、つまり指定工場に持ち込んで

点検整備・検査を依頼する場合、

その工場のみで

検査を完結することが可能となっています。
指定工場は

車検に用いる検査ラインの設備を保有しており、

車検の検査を行える検査官がいます。
検査に合格すると

限定保安基準適合証及び限定保安基準適合標章を発行してもらい、

これらを陸運局に持ち込むことで、

陸運局の検査ラインで検査を受けることなく

新たな車検証の交付を受けることができます。

○認証工場における車検
認証工場では車検の検査を行うことはできません。
その為、

点検整備を済ませた後は通常の車検と同様に

自動車を陸運局に持ち込んで検査ラインを通します。

青森県青森市の介護サービス情報

Error: Feed has an error or is not valid



>>京都の車検といえば?